サイト内検索
国際プラザニュース
毎月発行 協会情報誌 国際プラザニュース
メインメニュー
JICA宮崎デスク
国際プラザ 図書一覧

11月号 (再入国許可申請について)

宮崎の暮らし(宮崎日日新聞掲載記事)

 クリスマスや正月を海外で過ごす人も多いと思います。 あなたが在留外国人で日本国外に一時的に出国し再び日本に入国するのであれば、再入国許可を受けていくと、新たにビザを申請する必要がありません。今回は再入国許可申請について説明します。

○ 再入国許可制度

日本に在留している外国人が商用、旅行、休暇などで、一時的に日本を離れて本国あるいは第3国に行った後、再び日本に在留を続けるために入国しようとする場合に設けられた制度です。この許可を受けないで出国した場合は、在留資格がその時点で失効してしまうので、再びビザを取り直す必要があります。

○ 再入国許可申請の手続

本人が居住地を管轄する地方入国管理局の窓口に出向いてください。もし、自分が行けない場合は、代理で申請できる人は法律で決められているので、事前に最寄の入国管理局に必ず確認してください。

 ○手数料(収入印紙で納入)

一回限りの許可証・・・3000円  数次の許可証・・・6000円  ※原則として、有効期間は3年を超えない範囲で再入国できます。ただし在留期限が3年内に切れる場合は、有効期限が在留期限までとなります。

 ○申請に必要な書類・再入国許可申請書(地方入国管理局窓口に用紙が備えてあります)          

・パスポート   ・外国人登録証明書    ※それぞれの在留資格と在留状況により、添付書類が異なります。 

詳しくは最寄の入国管理局にお問いあわせください。

○問い合わせ先 

・福岡入国管理局宮崎出張所 宮崎空港東別館2階 電話:0985−51−2226  (土、日、祝日および 12月29日〜1月3日は閉所日)

・外国人在留インフォーメーションセンター(福岡入国管理局内) 電話:092−626−5100 E-mail: info-tokyo@immi-moj.go.jp

 ※英語、中国語、韓国語で対応可 このコーナーへのご質問、ご意見、ご要望がありましたら、(財)宮崎県国際交流協会までご連絡ください。TEL 0985-32-8457 FAX 0985-32-8512  Email miyainfo@mif.or.jp

プリンタ出力用画面


Korean Chinese English ホーム ログイン 携帯サイト お問い合わせ