文字の大きさ

日本での避難民・難民受入れから知り、考える「人権・グローバル・わたしたち」 第1回「日本での避難民・難民支援の現状を知ろう!」開催のお知らせ

2022.8.3

令和4年度宮崎県人権啓発活動協働推進協議会委託事業
 (法務省人権ユニバーサル事業 宮崎県人権啓発活動ネットワーク協議会)

日本での避難民・難民受入れから知り、考える「人権・グローバル・わたしたち」
第1回「日本での避難民・難民支援の現状を知ろう!」

○講 師: 赤阪 むつみ氏 (特定非営利活動法人なんみんフォーラム 理事) 

大学院修了後、NPO法人日本国際ボランティアセンター(JVC)のラオス事務所にて、森林保全に関連した地域開発と政策提言活動を行う。シュタイナー教育活動を経て、2014年に難民支援協会に入職。2018年より渉外チーム マネージャー、2019年よりなんみんフォーラム理事。

○日 時: 2022年9月10日(土)14時~16時
○形 式: オンライン(Zoom)
○定 員: 50名(9/3締切、ただし定員になり次第締め切ります)
○申 込: https://forms.gle/i2b5QTj62SkxA8DZ6
 (もしこちらからお申し込みが難しい方は、遠慮なく事務局までご連絡ください。)
○参加費: 無料 

○主 催: 多文化designコンパス https://office88290.wixsite.com/tadeco
    ホームページで講座の最新情報発信中! 

・後 援: 宮崎県、(公財)宮崎県国際交流協会、宮崎県海外協力協会、宮崎市国際交流協会
   (予定)宮崎県教育委員会、

・問い合わせ: office at tadeco.org ※at を@に変えてください
                        (多文化 design コンパス事務局)

突然、日本を離れないといけない状況になったら、どうしますか?

実際に世界では、自分の命を守るため、また重大な人権侵害から逃れるために母国を離れなければいけない人がいます。

自分だったら、どういう気持ちで母国を離れ、知らない国で生活をスタートさせますか。私たち受け入れる側はどうしたらいいのでしょう。

このような問題に関わっている専門家と一緒に考え、お話をする講座です。(二回の開催を予定しています)