文字の大きさ

DEBATE IN ENGLISH & JAPANESE # 253 英テラス – 2021/07/25 – SKYPE 参加可能!

2021.7.21

Are cyber attacks justified?

サイバー攻撃は正当化できるか。

More than 51% of the world’s population is online, and roughly one million more people join the internet each day. Two-thirds of the entire population use a mobile device with little fear about various cyber attacks.

During just the first 6 months of 2021, CSIS have identified 71 significant cyber incidents from throughout the world. The economic impact of cyber attacks is roughly one percent of global GDP ($600 billion) each year – Not Slowing Down.

At every Olympics since 2012, highly trained ‘state-sponsored’ hackers have targeted athletes, officials, and fans throughout the world via PCs, tablets, and smartphones, etc. The 2020 Tokyo Olympics has given them an especially bigger window due to the COVID-19 pandemic.

Why do cyber attacks happen? Just for financial gain? Are they justified under international law? How are they different from conventional weapons?

コロナ禍で無観客の東京オリンピックが始まりました。多くの人が、テレビ、ラジオ、またインターネットを介した端末機で選手を応援しています。一方、世界中のハッカーは「裏オリンピック」で腕を競い合っています。2012年のロンドンオリンピックでは数億回の攻撃があり、2018年のピョンチャン冬季オリンピックは、”Olympic Destroyer”攻撃で開催がほぼ不可能になりました。

東京オリンピックに対する意図的なサイバー攻撃は、昨年4月から始まっており、JOCの業務が一時停止しました。その他、一年延期されたことにより、サイバー攻撃のチャンスは拡大し、十分な保護対策を取ってないIoT機器を使用している個人・団体は格好のターゲットになっています。しかし、これらに対する認識は低く、またセキュリティー分野の人材不足が大きな問題となっています。

サイバー攻撃には色々な種類があり、目的もターゲットによって異なります。なぜこのような攻撃が起きるのでしょうか。合法的な攻撃と、そうでない攻撃があるのでしょうか。通常兵器を使う攻撃との違いは何でしょうか。

Reference Links [参考リンク

日時: 日曜日 16:00 – 17:30 

場所: 宮崎市民活動センター 

質問: eiterrace2020@gmail.com 

主催: 英テラス2020 今までの論題歴