文字の大きさ

DEBATE IN ENGLISH & JAPANESE # 252 英テラス – 2021/07/18 – SKYPE 参加可能!

2021.7.14

Do athletes perform better with no spectators?

アスリートは観客がいなくても成果は向上するか。

A number of eligible athletes will not attend the 2020 Tokyo Summer Olympics due to the COVID-19 pandemic emergency, which include a well-known Australian tennis player Nick Kyrgios citing empty stadiums and injury. 

Over 11,000 athletes (almost 50% are women) will be competing without spectors. Without fans, could their performance be better or worse? The Yerkes-Dodson law, originally developed in 1908,  explains an empirical relationship between pressure and performance.

According to a new study, men run slower and women faster without an audience, and women generally perform better in complex tasks, and there are significant differences between team sports and individual sports in terms of performance with an audience.

We will examine the effects of social facilitation and social inhibition on them.

東京で4度目の新型コロナウイルス緊急宣言が出ました。その中で、第32回オリンピック競技大会は始まります。参加予定者は1万1千人を越えます。ところが東京・福島など6つの都道県会場で、無観客での開催が決まりました。

観客の有無は、選手や審判の結果を左右するでしょうか。チーム競技もしくは個人競技、また男女別で影響は異なるでしょうか。一般的に、競技種目に関わらず女性の方が状況の変化に対応できると指摘されています。

今回は、過去のデータを検証しながら、関連する「ヤーキーズ・ドットソンの法則」、「見物効果」、「社会的推進現象」、「共行動効果」を学び、無観客開催のメリットとデメリットを考えます。

Reference Links [参考リンク

日時: 日曜日 16:00 – 17:30 

場所: 宮崎市民活動センター 

質問: eiterrace2020@gmail.com 

主催: 英テラス2020 今までの論題歴