文字の大きさ

民俗学における多文化共生-東アジアの十五夜行事から考える―

2021.7.13

第914回談話会(2021年7月24日・オンライン開催)(2021年7月2日掲載)

民俗学における多文化共生 ―東アジアの十五夜行事から考える―

日時:2021年7月24日(土) 13:30~16:30(開催日・曜日が変則になります)

会場:Zoomによるオンライン開催

プログラム(順不同・当日発表順序を確定します):

内田祐一(文化庁)

「アイヌ民族の月 “kunne cup” について」

近藤功行(沖縄キリスト教学院大学)

「十五夜を通してみるヒト/身体影響との関わり―旧暦・月齢と人間の身体影響を模

索する視点」

林承緯(国立臺北藝術大學)

「台湾の中秋節の民間伝承」

周星(神奈川大学)

「国民休日となった中秋節」

朴炫国(龍谷大学)

「韓国の秋夕民俗について」

コメンテーター:島村恭則(関西学院大学)

司会:永松敦(宮崎公立大学)

開催趣旨:

日本社会の「多文化的現実」を民俗学はいかに捉え、考察していくべきか。「十五夜

行事」を共通の素材とし、列島の内外から考える。

問い合わせ先:

日本民俗学会事務局

TEL: 03-5815-2265

E-mail: folklore★post.nifty.jp(★は@に変えて下さい)

参加申込URL: https://forms.gle/j1kvAndkYcE29o37A

お申込み期限は7月18日です。

参加申し込みはこちらお願いいたします。

           ↓

http://www.fsjnet.jp/regular_meeting/next_time.html?fbclid=IwAR1ZLOCE77Fz7mg

-39WmioqVxZiebu5kAv_notCX7Q1WBRP3J4kqfIvkfeM