文字の大きさ

DEBATE IN ENGLISH & JAPANESE #218 英テラス – 2020/11/15 – SKY参加可能!

2020.11.11

英テラスに関して !! ← 初めての方必見

11月15日論題: Drug Recycling – Yes or No?  リバイバルドラッグを飲みますか。


2019年7月に発表されたOECD (経済協力開発機構) の医療関係統計によると、日本の対GDP保健医療支出は10.9%(36か国中6位)となっています。日本の保健医療支出に占める医薬品およびその他非耐久性医療財支出の比率はG7の中ではもっとも高く、薬剤師数、薬剤師養成数ももっとも多いと報告されています。日本のような健康保険制度のない米国の対GDP保健医療支出は18%で、新型コロナウイルス (COVID-19) の影響を受けて、保険料は約4割り上がる見込みです。

このような中で、残薬の扱いが社会問題になっています。日本では、自宅に保存されている飲み残した薬の粗推計金額は、年間約500億円以上にもなると言われています。これは、薬が残っているにもかかわらず、薬局でまた同じ量の薬を受け取ってしまうと、必要以上の薬を保持することになってしまうからです。さらに、薬局では、年間100億円分以上の医薬品を期限切れの為に廃棄しています。近年これ  を有効に利用するビジネス (和製英語でリバイバルドラッグ) が注目されています。

米国では、2009年にスタンフォード大学の2人が始めた非営利会社 SIRUM (Supporting Initiatives to Redistribute Unused Medicine) 「未使用医薬品の再流通の取り組みをサポートする」が、社会起業家大賞を受けました。日本でも、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)第24条等の法的規制がある中、様々な試みが行われています。

今回は、Drug Recycling (リバイバルドラッグ) の現状を学びながらミニ論議を行います。

[参考リンク] + [Test Your Vocabulary]

日時: 毎週日曜日 16:00 – 17:30

場所: 宮崎市民活動センター (市民プラザ3階)

参加:  誰でも自由・無料・予約と登録は不要

質問: eiterrace2020@gmail.com (黒木)英テラス2020 + 英テラス・エクスプレス