文字の大きさ

公開研究会 CEFR2001,CEFR-CVと仲介,複言語・複文化 ―日本語と外国語― (3月30日 14時~18時開催) ※無料・要申込

2024.3.14

公開研究会

CEFR2001,CEFR-CVと仲介,複言語・複文化

―日本語と外国語―

日時:2024年3月30日(土)14時〜18時

場所:宮崎市中央公民館 中研修室

開催趣旨:

CEFR-CVでは,「仲介活動」に関してCEFR2001にすでにあった翻訳,通訳など「テクストの仲介」だけでなく,「概念の仲介」,「コミュニケーションの仲介」も加わった。また,仲介活動だけでなく複言語・複文化能力にも共通参照レベル(スケール)が新たに加えられたが,そのすべてのスケールが「仲介」に役立つようになっている。さらに,本来の複言語・異文化間教育は,CEFR-CVでは影が薄くなっている。CEFR2001を継承していると言いながら,結局「虎の威を借りた狐」の感が否めない。この公開研究集会では,CEFR-CVの正しい読み方,上手な使い方について議論し,これらの変化に日本における外国語(外国語としての日本語を含む)教育はどのように対処すればよいのかを探る。

この公開研究会に参加して,「場」の共有をお互いの知見の共有につなげましょう。それぞれの抱えている問題を語り合い,研究者,教育関係者の輪を拡げましょう。

参加は,無料です。

参加申し込みは,つぎのURLからお願いします。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd-SeU4qfj64-ayKUFWq2FLM7e_m5nE91WVeYWNhAThX0ib2A/viewform?usp=sharing

宮崎市中央公民館へのアクセス

宮崎駅東口から徒歩5分

https://www.sc.ouj.ac.jp/center/miyazaki/upload/宮崎市中央公民館地図.pdf

プログラム

14 : 00                    総合司会 小柴裕子(宮崎大学)

開会の挨拶 小柴裕子

第一部 CEFR2001,CEFR-CVと仲介

14 : 10  葦原恭子(琉球大学)「高度外国人材に求められる「仲介」能力とはー質的調査法・量的調査法を用いたCan-do statementsの構築 ー」

14 : 40  西山教行(京都大学)「CEFR-CVはCEFRの継承か、簒奪か? 」           

15 : 10 質疑応答              

15 : 25休憩(15分)

第二部 CEFR2001,CEFR-CVと複言語・複文化

15 : 40  小柴裕子(宮崎大学)「CEFRとCEFR―CVの言語能力観を考える」

16 : 05  藤井久美子(東洋大学)「言語政策からみた台湾社会の複言語状況に関する一考察 」

16 : 30  金智賢(宮崎大学) 「対照言語学と複言語主義の接点 」 

16 : 55  大木 充(京都大学)「CEFR-CVの複言語・複文化能力―CARAP、Coste & Cavalli (2015)との比較」

17 : 25  質疑応答

17 : 40  閉会の挨拶 西山教行          

開催実行委員 小柴裕子,西山教行,大木 充

宮崎大学多言語多文化教育研究センター共催

連絡先 koshibayuko@cc.miyazaki-u.ac.jp <mailto:koshibayuko@cc.miyazaki-u.ac.jp>

この公開研究会は,科学研究費助成事業 大木充「英語圏の外国語教育の目的・現状調査に基づく英語と連携するフランス語教授法の構築」(19K00813研究代表中村典子)大木充「学習環境要因と学習者の心理的欲求充足度」(21K00677)藤井久美子「新しい異言語間コミュニケーション・パラダイムの構築:「節英」論の国際比較研究」(22K00822研究代表木村護郎クリストフ)金智賢「名詞句の意味と解釈に関する日韓対照研究」(20K00549)の一環として行われます。