サイト内検索
国際プラザニュース
毎月発行 協会情報誌 国際プラザニュース
メインメニュー
JICA宮崎デスク
国際プラザ 図書一覧

ホーム > 日本語  > 国際プラザニュース > 国際プラザニュース 2006.11月号 Vol.8

国際プラザニュース

発行 : (財)宮崎県国際交流協会 〒880-0805 宮崎市橘通東4-8-1 カリーノ8階
TEL : 0985-32-8457 FAX : 0985-32-8512 E-mail : miyainfo@mif.or.jp

英語中国語

国際プラザニュース 2006.11月号 Vol.8

国際ふれあいチャット《英語編》 ※参加費無料 

  外国の方たちと英語で楽しくおしゃべりしませんか。参加をご希望
 の場合は事前に下記までご連絡下さい。
 
 日程:11月10日〜12月8日 12:30〜13:30 ※毎週金曜日(全5回)   
 場所:カリーノ宮崎8階 ガガエイト
 申込方法:名前、連絡先を電話、FaxまたはE-mail  
 申込み・問い合わせ:(財)宮崎県国際交流協会

国際理解講座 身近に世界を感じてみよう! ※参加費無料 


 第2回 トリニダード・トバゴ編
 文化や習慣の紹介、トリニダード・トバゴ発祥の楽器「スチールパン(スチールドラム)」の演奏があります。
 日時:11月29日(水) 18:30〜19:30
 講師:アンソニー・ガッピー氏 アンソニー・ガイ氏

  第3回 コンゴ民主共和国編 
 文化や習慣の紹介のほか、楽しい内容を予定しています。 ※講座は英語で行われます。
 日時:12月2日(土) 10:30〜12:00
 講師:フンディ・タンガニカ・エロワ氏
 
 場所:カリーノ宮崎8階 ガガエイト(コミュニティホール) 
  定員:70名(事前申込・先着順)
  申込方法:名前、電話番号を電話、FaxまたはE-mail
          (申込時に講座の中で知りたい事をお知らせ下さい。)
  申込み・問い合わせ:(財)宮崎県国際交流協会

「外国人がみた宮崎」作品展 作品募集  
           応募期限:2006年 12月 28日(木)まで     

 今年も「外国人がみた宮崎」の作品展覧会を開催します。宮崎の印象
 や宮崎に関することを形にした作品を募集します。お近くの外国人の
 方にぜひお知らせ下さい。
 
 テーマ:宮崎の印象、宮崎に関すること(主催者が不適当と判断したものは展示しない場合あり)
 応募資格:原則として宮崎県内在住の外国人   
 作品:写真、絵、スケッチ、詩など  
 大きさ:50cm×50cm程度まで
 応募方法:郵送または持参(費用は応募者負担)名前・連絡先・国籍・作品名・説明文を添付
 開催期間:2007年2月20日(火)〜2月25日(日)
 作品返却方法:作品展終了後、2007年3月までに宮崎県国際プラザに取りに来るか、着払いによる郵送 
 応募先・問い合わせ:(財)宮崎県国際交流協会

多文化共生アドバイザー派遣 


 多文化共生社会づくりに関する学校や地域などで行う講座や会合
 (例:家庭教育学級、自治会の会合等)に講師を無料で派遣します。
 詳細についてはお問い合わせ下さい。

 ◇対 象:平成18年5月〜平成19年2月の間に実施の講座
 ◇講座内容(例):
  ◎在住外国人と地域住民との相互理解(「外国人と語ろう講座」)
  ◎地域で取り組む国際交流・協力活動の紹介(「ふれあい講座」)など 
 ※具体的な内容については講座開催先と個別に協議して決定します。  
 
 問い合わせ:(財)宮崎県国際交流協会

第2回JICA国際協力市民講座


 国際協力ってなんだろう?ODA民間モニター参加者の視察報告を聞いて
 国際協力の現場について考えてみよう。
 
 日時:11月19日(日)
 時間:13:30〜16:00 
 場所:カリーノ宮崎8F 多目的B室  
 定員:20名  
 申込方法:名前、連絡先を電話、Fax、又はE-mail  
 申込締切:11月15日(水)
 申込み・問い合わせ:(財)宮崎県国際交流協会内 JICAデスク宮崎(佐藤) 
                      Tel:0985-32-8457

講演会 「熱帯に生きる」〜在タイ25年農村開発に命を捧ぐ 谷口巳三郎85歳を語る〜

 単身タイに渡り自らの意志と資金で農場を建設、山岳民族と共に生きる
 谷口巳三郎氏。それを支える25年の夫婦の軌跡を生で聞いてみませんか。   
 ※参加費無料  ※中学生以上対象
  
 日時:11月5日(日)  10:00〜11:45     
 場所:宮崎市民プラザ(4F大会議室)
 講師:谷口恭子氏(谷口巳三郎夫人82歳)  
   
 場所:宮崎市民プラザ(4F大会議室)
 問い合わせ:国際こども支援団体“H&H”(Heart and Hand)
       Tel:0985-25-8274(松崎) 0985-77-1619(池上)
       Fax:0985-25-8274 Email:mwk@chive.ocn.ne.jp

ベトナム宮廷音楽 ニャーニャック(Nha nhac)演奏会

 2004年ユネスコから世界無形文化遺産に認定されましたベトナムの
 古都フエに伝わる宮廷音楽「ニャーニャック(雅楽)」を、解説付き
 で鑑賞出来ます。

 日時:11月18日(土)     
 開場:18:30 開演:19:00 
 場所:宮崎県立芸術劇場 演劇ホール  
 チケット:全席指定3000円 小学生〜大学生1000円
 問い合わせ:財団法人宮崎県立芸術劇場 Tel:0985-28-3210

ドイツまなび塾供   
《「我ら皆兄弟とならん」 日本におけるドイツ人捕虜 1914−1920》 

 1914年から1920年までの日本におけるドイツ人捕虜の暮らし方など、
 当時の日独の共同の歴史の理解を深めませんか。

 ◆写真展示◆ 11月11日(土)〜15日(水)
 場所:カリーノ宮崎8階 ガガエイト(フリースペース)

 々嶌臓淵好圈璽繊⊆命薪犬寮睫澄⊆禅娠答) ※入場料無料
 日時:11月11日(土) 18:00〜19:30  
 場所:カリーノ宮崎8階 ガガエイト(シアター)

 ドイツまなび塾掘    
 ◆團疋ぅ弔離錺ぅ鵝奸、入場料無料 
 ドイツのワインやワインの文化をクイズも交えながら楽しく学びませんか。 
    
 日時:11月15日(水) 17:30〜19:30     
 場所:カリーノ宮崎8階ガガエイト(シアター)

 ◇講師:宮崎市国際交流員 ペーター・フールー(ドイツ)  
 ◇定員:80人 
 ◇申込方法:申込書またはハガキ・Fax・E-mailに必要事項(郵便番号、
  住所、氏名、年齢、電話番号)を記入のうえ申込み。  
 ※定員になり次第締切り  ※1枚のはがきで何人でも申込出来ます。 

 上記 ↓△凌醜み・問い合わせ:
 宮崎市国際交流協会「ドイツまなび塾の3」申込係 
  〒880-8505 宮崎市地域コミュニティ課内
  Tel:0985-21-1719 Fax:0985-22-0200 
  E-mail:miyazaki-mcia@miyazaki-catv.ne.jp

オーストラリアン講座   ※参加費無料 ※申込不要

 延岡市の国際交流員が、オーストラリアの先住民族アボリジニについて紹介します。お気軽にご参加下さい。

 日時:11月15日(水)  10:00〜12:00
 場所:社会教育センター 会議室3

 申込み・問い合わせ:延岡市国際交流推進室 Tel:0982-22-7006

国際交流フェスティバル ※参加費無料

 綱引き大会や外国の歌や踊り・地域物産の販売など内容盛り沢山。
 隣接するえびの高原国際専門学校の学園祭も同時開催します。

 日時:11月26日(日) 10:00〜16:00
  場所:えびの市国際交流センター 野外広場
   (雨天時:えびの高原国際高等学校体育館)
  問い合わせ:えびの市国際交流センター 
  Tel:0984-35-3211 Fax:0984-35-3215
  E-mail:eiec@nissho.ac.jpまたはebinokokusaikouryu@ace.ocn.ne.jp

みんなの人権! 思いやり交流プラザ2006

 人権の大切さについて学ぶイベントとして開催している「人権フェスタ」。
 その国際交流コーナーでは、オーストラリア・中国・韓国・モンゴルの
 国紹介、民族衣装試着など楽しい企画がいっぱいです。
 様々な体験を通して交流しませんか。

 日時:11月12日(日) 10:00〜17:00
  場所:ウエルネス交流プラザ・ワンパーク
 問い合わせ:都城国際交流協会 Tel:0986-23-2295

国際交流ダンスパーティー in Autumn   ※18歳以上対象

 DJや市内で活躍するダンスチームによるパフォーマンスなどを一緒に
 楽しみませんか。

 日時:11月22日(水・祝前日) 21:00〜25:00
 参加費:男性2500円 女性2000円           
 場所:プラネットカフェ・スポーツ(スポーツバー)
 問い合わせ:フェニックス国際交流クラブ事務局 
 Tel/Fax:0985-25-9921(午後5時まで) 090-1923-0038(担当:田中)

プラザニュース 英語版より 
          〜県国際交流員 スユ・ネオさん〜

皆さん、こんにちは。最近一日の休みを取って、飫肥城に行きました。
飫肥は、「九州の小京都」と呼ばれて、町のお店や住宅の建築は江戸時代
とほぼ同じです。「まさかタイムマシンに乗って江戸時代に戻ったのか」
と思ってしまいました。

飫肥城では、伊東家と島津家の戦いについて勉強できるし、ちゃんと保存
した甲冑と刀も見ることが出来ます。そして、「四半的(しはんまと)」
という弓道が体験できます。10射につき300円で、記念品ももらえま
すので、安くて楽しいアクティビティですね。

資料(パンフ・地図・チラシ)を請求するには、ここにアクセスしてくだ
さい:http://www.kankou-nichinan.jp/wakaba/index.html 
皆さんも楽しい旅をして下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

プリンタ出力用画面
Korean Chinese English ホーム ログイン 携帯サイト お問い合わせ