サイト内検索
国際プラザニュース
毎月発行 協会情報誌 国際プラザニュース
メインメニュー
JICA宮崎デスク
国際プラザ 図書一覧

2008年1月号 (温泉でのマナーについて)

宮崎の暮らし(宮崎日日新聞掲載記事)

日本各地にはたくさんの温泉があり、寒い季節、温泉は人気があります。今回は温泉の入り方について、説明します。

  温泉に入るときは、他の人に迷惑をかけないようマナーがあります。わからないときは、日本人の友人に尋ねてからでかけましょう。(温泉でのマナーについてのウェブサイト:ジャパン・ガイド・コム http://www.japan-guide.com/e/e2292.html) 

 

温泉の入り方

・水着の着用はできません。 

・身体をよく洗ってから湯船に入りましょう。湯船の中で、身体を洗ってはいけません。洗うときは、水しぶきをかけないようにしましょう。

  ※石けんやシャンプーの泡はしっかり落としていりましょう。

・お湯が熱い時があるので、温度をチェックしてから入りましょう。

・タオルを湯船につけてはいけません。

・湯船で泳いではいけません。

・あまり長い時間湯船につかると、のぼせるので、気をつけましょう。  

・肌の弱い人は、成分に負けることがあるので、上がるときにお湯で洗い流しましょう。

・体は浴室を出るときにタオルで体の水滴をよく拭き、脱衣所の床を濡らさないようにしましょう。

 

県内の温泉情報

 県内には、日帰りで温泉を利用できる旅館や施設がたくさんありま

す。料金は、約500円〜1000円位です。入浴できる時間などが決まって

いる所もあるので、事前に問い合わせて行きしょう。宮崎県内の温泉

情報は、宮崎県観光コンベンション協会ウェブサイトで、調べられま

す。http://www.kanko-miyazaki.jp/(日本語版のみ)

 

 このコーナーへのご質問、ご意見、ご要望がありましたら、(財)宮崎県国際交流協会までご連絡ください。TEL 0985-32-8457 FAX 0985-32-8512  Email miyainfo@mif.or.jp

プリンタ出力用画面


Korean Chinese English ホーム ログイン 携帯サイト お問い合わせ