サイト内検索
国際プラザニュース
毎月発行 協会情報誌 国際プラザニュース
メインメニュー
JICA宮崎デスク
国際プラザ 図書一覧

12月号 (インフルエンザの予防について)

宮崎の暮らし(宮崎日日新聞掲載記事)

日本では、11月から3月にかけてインフルエンザが流行します。今回はインフルエンザの予防についてお伝えします。

 ○インフルエンザの症状・・38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身の症状が強くあわせて普通のかぜと同様ののどの痛み、鼻汁などもみられます。   

 ○インフルエンザの予防

   ・栄養と休養を十分取る

   ・適度な温度、湿度を保つ                                                  空気が乾燥すると喉の防御機能が低下し、インフルエンザに かかりやすくなります。 室内では、加湿器を使って適度(50%〜60%)を保ちましょう。

   ・なるべく人ごみを避け、外出時にはマスクを着用する

   ・帰宅時のうがい、手洗いをする・流行前にインフルエンザの予防接種を受ける  ※病院に予約をしてください。

 ○インフルエンザにかかったら  

   ・早めに医療機関に行き、受診しましょう。

  ・安静にして、休養、睡眠を十分とりましょう。

  ・水分を十分補給しましょう。お茶、ジュース、スープなど飲みたいもので結構です。

  ・咳などの症状が出ているときは、周囲の人に移さないようにマスクを付けましょう。

 小児や高齢者、慢性の病気を持つ人はインフルエンザにかかると重症化することが多いので、かからないように十分注意する必要があります。いざというときのために、日頃から、かかりつけのお医者さんを見つけておきましょう。夜間や休日の当番医は、ひむか救急ネットや週末の新聞で確認できます。ひむか救急ネットは当協会のホームページからアクセスできます。http://www.mif.or.jp  このコーナーへのご質問、ご意見、ご要望がありましたら、(財)宮崎県国際交流協会までご連絡ください。TEL 0985-32-8457 FAX 0985-32-8512  Email miyainfo@mif.or.jp

プリンタ出力用画面


Korean Chinese English ホーム ログイン 携帯サイト お問い合わせ