サイト内検索
国際プラザニュース
毎月発行 協会情報誌 国際プラザニュース
メインメニュー
JICA宮崎デスク
国際プラザ 図書一覧

2009年12月(再入国許可と在留資格許可申請について)

 

宮崎のくらし(宮崎日日新聞掲載)

 

今回は、再入国許可と在留資格変更許可申請について紹介します。

 

 お正月の過ごし方は国によって様々ですが、日本のお正月には、お正月料理であるおせち料理を食べます。また7種の野菜をきざんでいれた粥を七草粥といい、無病息災を祈って正月七日に食べる風習があります。これには、お正月で疲れた胃を休めると意味もあるようです。新年を迎えるにあたり、里帰りをしたり、新しい生活を始めたりする人もいるのではないでしょうか。そこで、今回は再入国許可や在留資格変更許可申請について紹介します。

 

<再入国許可申請について>

日本に滞在する外国人が一時的に日本を出て、それまでと同じ目的で日本に戻ってきて活動をしたい場合に申請します。永住者や特別永住者の在留資格を持っている人でも、日本を出て永住者として戻ってきたい場合には、再入国許可が必要です。

◆必要な書類:

 ・申請書(1通)  ・旅券、外国人登録証明書等を提示 

・身分を証する文書の提示(代理者若しくは申請取次者が申請を提出する場合)

◆提出時期:出国する前

◆提出者:原則、申請する本人(申請人が16歳未満等の事由により不可能な場合は、

法定代理人が申請を行うことができます。詳しくはお問い合わせください。)

◆手数料:3,000円(1回限り)・6,000円(数次)<収入印紙で納入> 

◆提出先:福岡入国管理局宮崎出張所(受付時間;平日9:0012:0013:0016:00

宮崎市別府町1番1号宮崎法務総合庁舎2階   TEL:0985-31-3580   FAX:0985-31-3596

 

<在留資格変更許可申請>

現在与えられている在留目的を変更して、他の在留資格に該当する活動を行おうとする場合は、事前に、在留資格の変更申請をしなければなりません。例えば、大学生(留学生)が卒業し、日本の企業に勤務する場合などです。

◆必要な書類:詳細につきましては、下記お問い合わせ先にお尋ねください。

・在留資格変更許可申請書  ・旅券、外国人登録証明書を提示

・その他の書類(在留資格に応じて提出資料が異なります。)

◆提出時期:資格の変更の事由が生じたときから在留期間満了日以前

◆提出者:原則、申請する本人(再入国許可申請と同様)

◆手数料:4,000円 <収入印紙で納入>

◆提出先:福岡入国管理局宮崎出張所

 

<入国手続・在留手続にかかわるお問い合わせ先>

○外国人在留総合インフォメーションセンター(福岡):電話や訪問によるお問い合わせが可能です。また、外国語による対応(英語・韓国語・中国語・スペイン語等)も受け付けております。 TEL:092-626-5100 

○メールでの一般問い合わせ(メールアドレス):info-tokyo@immi-moj.go.jp

 

プリンタ出力用画面


Korean Chinese English ホーム ログイン 携帯サイト お問い合わせ