サイト内検索
国際プラザニュース
毎月発行 協会情報誌 国際プラザニュース
メインメニュー
JICA宮崎デスク
国際プラザ 図書一覧

2009年8月(交通ルールと自動車の所有)

 

宮崎のくらし(宮崎日日新聞掲載)

 

今回は、交通ルールと自動車の所有について紹介します。

 

 9月には秋分の日や敬老の日などの休日があります。秋分の日は、「秋の彼岸」と呼ばれ、日本では先祖をしのぶ日です。地域によっては、餅米やうるち米を混ぜて炊き、きな粉やあんをまぶした、おはぎを先祖に供える風習があります。この「秋分の日」の前後は、お休みが続くため、車で出かける機会も増えるのではないでしょうか。お出かけの際は、交通ルールを守り、安全で楽しい旅をお過ごし下さい。今月は、確認しておきたい交通ルールと自動車の所有についてご紹介します。

 

<交通ルール>

・走行中の携帯電話の使用禁止:車の運転中に、携帯電話を手に持って通話したり、メールの送受信のため画像を注視したりしないようにしましょう。

・飲酒運転厳禁:同乗した場合も罪に問われます。また同乗していなくても、お酒を飲んだ人に車を提供したり、車を運転する人にお酒を提供した場合にも罪に問われます。飲食店等も該当します。

お酒を飲んで自転車に乗っても飲酒運転となります。

・全席シートベルトの着用:乗車する際は全席シートベルトの着用が義務づけられており、特に後部座席については、現在は高速道路においてのみ罰則が適用されますが、安全のため、一般道でも後部座席シートベルトを着用するよう心がけましょう。

・チャイルドシート使用の義務:チャイルドシートを使用しない6歳未満の幼児を乗車させて自動車を運転してはいけません。成長段階に合わせたチャイルドシートを使用してください。

 

<自動車の所有>

3種類の税を納めなければなりません。

 自動車取得税:自動車を買ったときに課されます。

 自動車重量税:自動車の重量に従って課される税で、車検時等に課されます。

 自動車税:毎年4月1日現在の所有者が納めなければなりません。

・自動車保管場所(車庫)証明:自宅に車庫がない場合は、近所で駐車場を借りてください。軽自動車

の場合は、軽自動車の保管場所届け出手続きが必要になります。両者とも、申請は管轄警察署になり

ます。手数料が必要です。

・自動車の登録:自動車にはナンバープレートをつけなければなりません。通常は自動車販売店を通して手続をします。手数料が必要です。

・車検:乗用車の場合でいうと、新車は購入後3年目、その後は2年ごとに車検を受けなければなりません。自動車を運転する際は車検証を携帯し、車検済みを表示したステッカーを前の窓ガラスに貼っておかなければなりません。料金は自動車の大きさ等により変わります。

・保険:日本国内で運転される車は、保険に強制的に加入していますが、保障内容は十分とは言えない

ため、任意の自動車保険にも加入することをお薦めします。

 

 

プリンタ出力用画面


Korean Chinese English ホーム ログイン 携帯サイト お問い合わせ