サイト内検索
国際プラザニュース
毎月発行 協会情報誌 国際プラザニュース
メインメニュー
JICA宮崎デスク
国際プラザ 図書一覧

2009年6月(ゴミの処理)

 

宮崎のくらし(宮崎日日新聞掲載)

 

今回は、ゴミの分別や出し方についてご紹介します。

 

 6月は梅雨の季節です。また、毎年621日頃は夏至と呼ばれます。夏至は、北半球では昼の時間が最も長く、夜の時間が最も短い日です。この夏至の前後は雨が多く、気分の晴れない時期かもしれませんが、あじさい等の様々な花が咲き始める季節でもあります。公園等に花見に出かけてはいかがでしょうか。出かける際には、ゴミは持ち帰るように心がけましょう。そこで、今月は家庭でのゴミの分別についてご紹介します。

 

 <ゴミの分別について>

ゴミの分別の方法は、市町村によって異なります。一般的には、燃やせるゴミ、燃やせないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミに分かれています。また、地域によっては、指定のゴミ袋を使って分別しなければならないところが増えています。その袋は、地元のスーパーなどで購入できます。どの自治体もきちんと分かりやすく分類できるようにパンフレットが準備されていますので、必ずお住まいの市町村に問い合わせをしてください。割れ物等の危険物は、燃やせないゴミに分類されますが、しっかりと新聞紙等で包装し、「キケン」と書いて出すのが一般的になっています。

 

 <ゴミを捨てる際のマナーについて>

 生ゴミは、燃えるゴミとして扱われる地域と単独で収集される地域がありますが、どちらの場合も水気をきるようにしましょう。また、プラスチック容器、カン、ペットボトル等は必ずきれいに洗って、乾かしてから出すようにしましょう。

 

<ゴミの収集所について>

地区によって収集場所が違いますので、必ず近所の人へ尋ねるか、市町村に問い合わせてみましょう。ゴミの種類によって収集される日が違い、時間帯も決まっています。また、粗大ゴミは、収集所では回収できず、各自で指定の場所へ持ち込まなければならない地域もありますので、確認をお願いします。

 

<市町村が収集できないゴミについて>

市町村が収集できないゴミがあります。例えば、家電リサイクル法に定められている、テレビ、エアコン、冷蔵庫(冷凍庫)、洗濯機(衣類乾燥機)などです。購入店または買い換えをする店に引き取りをお願いしてください。リサイクル料金が必要になります。また、パソコンは、メーカーに回収を依頼してください。PCリサイクルマークが付いていない場合は、リサイクル料金が必要になり、メーカーによって料金も異なります。ブロック、タイヤなどの収集できないゴミは、産業廃棄物処理業者・専門業者に依頼するか販売店に引き取ってもらうようにしてください。

 

※決められたところ以外にゴミを置いてくる「不法投棄」は、法律で罰せられます。また、たばこの吸い殻や空き缶を道に捨てる「ポイ捨て」を禁止した「ポイ捨て防止条例」が多くの市町村で定められています。このような規則がなくても、一人一人が気配りをしていきましょう。私たちの地球を守るため、買い物の際には袋を持っていったり、過剰包装を断ったりする等のゴミの削減も心がけていきましょう。

 

プリンタ出力用画面


Korean Chinese English ホーム ログイン 携帯サイト お問い合わせ