サイト内検索
国際プラザニュース
毎月発行 協会情報誌 国際プラザニュース
メインメニュー
JICA宮崎デスク
国際プラザ 図書一覧

2008年8月(運転免許のとり方)

 

宮崎のくらし(宮崎日日新聞掲載)

 

 今回は、日本で自動車運転免許を取得するための方法や手続きについてご紹介します。

在住外国人が日本で運転免許を取得するには、2つの方法があります。

 

1 母国の運転免許から日本の運転免許へ切り替え

◎切り替えの条件:

(1)外国免許証が有効であること

(2)免許証を取得した日から3ヵ月以上その国に滞在したことを証明できること

 

 切り替えには、運転免許センターや運転免許試験場などで行われる適性検査と知識・技能の確認を受けなければなりません。知識の確認は、7カ国語(日本語・英語・中国語・韓国・ポルトガル語・ペルシャ語・スペイン語)で受験できますが、適性検査と技能の確認は日本語で行われます。

 検査や試験の前には、書類の事前審査が必要です(*要予約)。まずは宮崎県自動車運転免許試験場へ問い合わせをしてください。(Tel:0985-31-0110(内線755-252/受付日:月曜日〜木曜日※祝日除く、受付時間:10:0012:0013:0016:00

 

◎事前審査に必要な書類

ヽ姐饋妖佻疹斂製顳営               

外国運転免許証(古い免許証も含む)*運転免許証に発行日が記載されていないとき、又は免許を更新したため発行日が来日した日の前3ヵ月以内であるときは、免許証の原発行日を示す書類とその訳文を提出する必要があります。

パスポート(新旧)                       

こ姐餘薪礁筏証の翻訳文(該当国の大使館、領事館または、日本自動車連盟(JAF)の作成したもの)*JAF宮崎支部 Tel:0985-52-4511http://www.jaf.or.jp/

 

◎確認事項:

 以下の22カ国の免許証の場合は、適性検査のみで申請できます。

 フランス、スペイン、ドイツ、ポルトガル、イタリア、スウェーデン、ベルギー、ノルウェー、オランダ、アイスランド、ルクセンブルグ、フィンランド、イギリス、オーストラリア、デンマーク、ニュージーランド、アイルランド、スイス、ギリシア、オーストリア、カナダ、韓国

 

◎検査・試験について

実施日:宮崎県自動車運転免許試験場:(宮崎市)月曜日〜金曜日、運転免許センター:(都城市)月・木、(延岡市)火・金 ※祝日を除く

受付時間:8:309:30

料金:普通免許試験手数料 2400円、運転免許証交付手数料 1650

*都城、延岡市の運転免許センターは、上記にあげた22カ国の切り替え申請のみ可能

 

2 日本の運転免許を取得

 日本の運転免許を取得するには、適性検査、学科・技能試験を受験し合格しなければなりません。日本では指定自動車教習所に通い学ぶのが一般的です。指定自動車教習所の卒業検定に合格すると、運転免許試験場での技能試験が免除されます。学科試験は、日本語と英語のどちらの言語で受験できますが、適性検査等は、日本語のみの対応です。

 

◎問い合わせ先:宮崎県自動車運転免許試験場:(宮崎市):0985-31-0110/内線755-252

 運転免許センター(都城市):0986-24-0110/内線553、(延岡市):0982-22-0110/内線554 

 

このコーナーへのご質問、ご意見、ご要望は:

()宮崎県国際交流協会 TEL 0985-32-8457 FAX 0985-32-8512 Email miyainfo@mif.or.jp

 

プリンタ出力用画面
Korean Chinese English ホーム ログイン 携帯サイト お問い合わせ